第4回てつがくカフェ@山形|山形まなび館・MONO SCHOOL

mono_logo.png

1top.png1top.png35.gif2about.png2about.png30.gif3archive.png3archive.png18.gif4cafe.png4cafe.png30.gif5feature.png5feature.png43.gif6rental.png6rental.png41.gif7access.png7access.png39.gif8link.png8link.png42.giftwitter.png

tetsugakucafe4-1.psd

第4回てつがくカフェ@山形
ドキュメンタリー映像『声の届き方』から考える

てつがくカフェは、私達が通常当たり前と思っていることから一旦身を引き離し、「そもそもそれって何なのか」といった根本からの問いを投げかけ、自分自身の考えをたくましくすることの難しさや楽しさを体験してもらうことを目的としています。
11月13日に行われた“「さよなら原発1000万人アクション」in みやぎ”という活動で、脱原発市民ウォークというものがありました。今回のてつがくカフェでは、この市民ウォークをもとに様々な人に行ったインタビューを編集したドキュメンタリー映像『声の届き方』(制作:伊藤照手/撮影協力:長谷川あい/40分)を観賞後、「伝える側と受けとる側」について考えてみます。

日時:2012年5月26日(土)
   映像上映 17:30〜18:10/対話 18:15〜20:30
会場:交流ルーム7(シアタールーム)
料金:500円
※コーヒーのワンドリンクが付きます。
定員:20名(予約制)
お申込み・お問合せ:山形まなび館 023-623-2286