一箱古本市 秋|山形まなび館・MONO SCHOOL

mono_logo.png

1top.png1top.png35.gif2about.png2about.png30.gif3archive.png3archive.png18.gif4cafe.png4cafe.png30.gif5feature.png5feature.png43.gif6rental.png6rental.png41.gif7access.png7access.png39.gif8link.png8link.png42.giftwitter.png

furuhonichi_aki-1.png

一箱古本市

一箱古本市とは、文字通り一人一箱の古本を販売するイベントです。いわば古本のフリーマーケット! 2005年に東京の「不忍ブックストリート」で始まり、山形では過去3回開催されました。今回も前回に引き続き当館の前庭にて開催します。当日は、一箱古本市の発案者「Mr. 一箱古本市」南陀楼 綾繁(なんだろう あやしげ)氏も参戦。古本市終了後、南陀楼プレゼンターによる「今日のよかった古本屋さん」の表彰式も開催。また、古本市に合わせた関連イベントも開催いたします。秋の夜長にぴったりな本を見つけに来てください。

日時:2012年9月9日(日)10:00~15:00
会場:前庭
一箱古本市@山形BLOG:http://bookyamagata.jugem.jp

[前回の様子]
DSC_6664.jpgDSC_6664.jpg05x1.gifDSC_6661.jpgDSC_6661.jpg05x1.gifDSC_6672.jpgDSC_6672.jpg05x1.gifDSC_6669.jpgDSC_6669.jpg

関連イベント
黒木あるじの一箱怪談市

一箱古本市前夜祭怪談トークイベントです。学校にまつわる恐ろしい話や、古書にちなんだ怖い物語まで、山形在住の怪談作家・黒木あるじ氏が残暑の夕暮れをひんやりとさせます…

日時:9月8日(土)17:00~18:00(受付開始 16:30)
料金無料
※定員25名(ご予約は山形まなび館 023-623-2286 まで)
会場:交流ルーム7

こわ〜い本はいかが?

秋とは言えど、まだまだ残暑が残る季節。読書アドバイザーや書店員でつくる「185(ひとはこ)読書会」で紹介された、背筋が凍る怖い本の展示です。1つ1つオススメが書かれたPOPを見ながら、今宵読む本を選んでみてください。暑さなんか吹き飛ぶこと請け合いです。

日時:8月29日(水)〜9月9日(日) 9:00~18:00
   ※月曜休館
会場:観光案内室

出店者募集中です!

出店料:500円
陳列スペース:1店につき80×80cm
お申し込み:住所、氏名、電話番号、メールアドレス、店名、お店の紹介を明記し、メール(info@y-manabikan.com)かFAX(023-623-2022)でお申し込みください。※メールの件名は「一箱古本市申し込み」でお願いいたします。

お問い合せ:山形まなび館
TEL: 023-623-2286
MAIL:info@y-manabikan.com