Yamagata Experimental Music Meeting vol.2|山形まなび館・MONO SCHOOL

mono_logo.png

1top.png1top.png35.gif2about.png2about.png30.gif3archive.png3archive.png18.gif4cafe.png4cafe.png30.gif5feature.png5feature.png43.gif6rental.png6rental.png41.gif7access.png7access.png39.gif8link.png8link.png42.giftwitter.png

YEMM2-1.psd

Yamagata Experimental Music Meeting vol.2
第2回 山形実験音楽会議

本企画は、第一線で活躍する実験・即興音楽のアーティストを招き、観客のみなさんとある種の“試みと結果”を共有するといったものです。アーティストにより、音に関するあらゆる試みが行われ、そこに結果としての“音空間”が現れる。観客の皆さんも空間を構成する演奏者の一人であるとも言えます。まずはリアルタイムの実験・即興音楽を体験していただき、皆さんが何を感じるのか。この企画自体も一種の試みであります。音楽の自由であって不自由な面白さの摸索に是非お立会いください。

日時:2012年12月16日(日)
   15:30開場 16:00開演
料金:1,000円
会場:多目的室
アーティスト:『新訳“てぶくろ”』音部隊、村山政二朗、ASUNA、
       佐藤実-m/s, SASW、Jai
お申し込み・お問合せ:山形まなび館 023-623-2286

『新訳“てぶくろ”』音部隊

『新訳“てぶくろ”』は、東日本大震災で被災した南相馬市の子どもたちとその家族を、東北芸術工科大学キャンパスに招待する教育支援プログラム『KIDS ART CAMP Yamagata』(2012年8月3日~8月5日)にて、世界中で愛されるウクライナの民話『てぶくろ』を題材に、第一線で活躍するアーティストの指導のもと、ダンス、ファッション、音楽、美術のワークショップを集中的におこない、最終日にそれらを複合させたダンス公演。『新訳“てぶくろ”』で音楽指導を担当した村山政二朗と、ワークショップを経て音楽を担当した東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科学生らとの“即興音部隊”。

村山政二朗

1957年生。82年、灰野敬二とアメリカツアー。帰国後は、主にKK NULL、細田茂美らと演奏。1999年~2011年フランスで活動、2012年よりベルリンへ活動拠点を移す。主な活動として、打楽器・声などによる即興演奏を中心に、ソロの他、ジャンリュック・ギオネ、アクセル・ドーナー、マーティン・クーヘン、シーモア・ライト、ミゲル・アンヘル、エンリコ・マラテスタ、オフセルズ(川口貴弘、ユタ川崎、宇波拓)などの音楽家とのプロジェクトや哲学者ジャン=リュック・ナンシー、レイ・ブラッシエ、振付家カトリーヌ・ディヴェレスらとコラボレーションを行う。また、参加者を限定しないノンイディオマティックな即興についてのワークショップなどの活動を行なっている。

ASUNA

1999年から解体/改造されたリード・オルガンとエレクトロニクスによるドローンを主体として制作された数々のカセット・テープ作品が、LOS APSON?や、Kurara Audio Artsといったレコード・ショップにおいて話題を集め、2003年スペインのLucky Kitchenよりアルバム"Organ Leaf" を発表し、CDデビュー。それと前後して発表されていた、語源からその原義を省みた「機関・器官」として解体されたリード・オルガンの減圧モーターとリード蓋の固体振動をピックアップすることによって制作されたインスタレーション作品"Each Organ"の展示でも注目を集める。加えて、様々な生楽器や電子楽器、ならびに大量のオモチャ楽器などを扱い多様なスタイルを一貫したナラティブな作品としてまとめあげる特徴を持ち、これまでにアメリカ、イタリア、イギリス、日本など国内外を問わず多数のレーベルからアルバムを発表。現代美術作家の佐藤実-m/sとのコラボレーションでもこれまでに3枚ものアルバムを発表し、佐藤らとのユニットValve/Membranceでドイツ/ベルギー/スロベニアの国際的メディア・アート/サウンド・アートのフェスティバル「transmediale 2008」「Happy New Ears 2008」「International Festival of Computer Arts 2012」にそれぞれ招聘され、欧州以外にもアメリカや韓国などツアーに招聘され活動の幅を広げている。3 inch CDレーベルのaotoao、ならびにカセット・テープ・レーベルWFTTapesを運営。

佐藤実–m/s,SASW

アーティスト。1989年より"m/s"名義で活動をはじめる。1994年-2006年レーベル「WrK」を運営。自然記述と美術表現の関係に関心を持ち、物理現象やテクストを用いたインスタレーション、パフォーマンス、執筆などの制作活動を行っている。主に海外の美術展への出品、CD・LPのリリース、ソロやASUNAとのライブ活動、「IL GRANDE SILENZIO」「f u r」でのバンド活動がある。また学芸員としてアートイベントの企画を行う。

Jai

仙台在住Max/MSP愛好家。チェロ、コントラバスやその他様々な楽器、自作電気楽器による即興演奏を試みながらフィジカルコンピューティング、法則的、或いは数学的に 音響生成を探求中。作曲家三輪眞弘氏提唱の逆シミュレーション音楽における蛇居拳算の考案者。アクースモニウムをはじめ、地味に作曲。2012年、仙台、石巻在住のメンバーによるヴァイオリン、チェロ、クラシックギターによる即興的ストリングトリオcorps sans organe(コルサ・オルガーヌ)を結成。最近のソロのパフォーマンスとしては顔楽器シリーズ”顔シレーター”“顔s Pad”

DSC_2938.psdDSC_2938.psdDSC_2977.JPGDSC_2977.JPGDSC_2991.JPGDSC_2991.JPGDSC_7984.psdDSC_7984.psd

tebukuro_otobutai.JPG

『新訳“てぶくろ”』音部隊

seijiro_murayama.JPG

村山政二朗

asuna.jpg

ASUNA

minoru_sato.jpg

佐藤実–m/s,SASW

jai.jpg

Jai